せんだい雑記

楽天イーグルスのこと、思ったこと、あと日記

トムの性分

  • E3−4L

変な言い方になるが、久しぶりに〈いつものトム〉に会ったような気がした。初回に味方が3得点したあと、2回表を無失点で切り抜けたところまでは良かったが、そこからなかなか乗っていけないトム。調子の悪さを自覚していたんだろうなあ。相手は連敗中の手負いライオン、多少の不調などお構いなしに向かっていけば良かったのだが、それができないのがトムの性分である。逃げ腰のピッチングは相手に見透かされ、際どい球はことごとく見逃されていた。

序盤、毎回ランナーを背負う不安定で頼りないトムのピッチングを西武打線が助ける展開でゲームは進むが、勝利投手のかかった5回表、Pゴロに打ち取ったはずの先頭打者を自らの悪送球で塁に出し、次の栗山も四球で歩かせる。まさにトムの独り相撲、自滅の舞台を自分でお膳立てしてしまう。結局、この回3失点で同点に追いつかれた。

今シーズン、ピッチングフォームがコンパクトになり、制球も安定、ピンチでもタフなマウンド捌きを見せていたトムだったが、今回は昔のトムが顔を出してしまった。惜しいなあ。私の中でトムに対する印象が変わりつつあったのに実に残念...。あれではなかなか勝ち星がついてこない。

応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ