せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

2夜連続の青山劇場に東京ドームのGファンはさぞ感動したろう。そこで提案、青山と宮國をトレードしてくれないかなw

  • G10−7E

1点リードで迎えた8回裏には昨日サヨナラ打を打たれた青山がマウンドにあがる。ミコと順番が変わり、結果的にGの上位打線とぶつかるあたり、この人もある意味持っている投手なのかもしれない...と思う。

際どいボールはことごとくボールのコール、打ち取った当たりは味方がエラーする、なぜか負のオーラを一人で背負っているかのようなマウンドになるが、これこそが青山劇場の醍醐味である。

そして今夜の青山劇場、まずは先頭打者を塁に出す。いよいよ開演だ。1塁ランナーを簡単に送られ、唯一ヒットの出ていない3番坂本との対決を迎える。前日の弱気のピッチングを反省したのか、一転、強打者・坂本に対し強気の内角攻めを続けた青山、これが逆転の2ランへと展開する。やることなすこと裏目。と、嘆くのはイーグルスファンだけで、東京ドームの大多数のGファンは青山劇場にすっかり酔いしれることになる。

青山の投手としての実力をどうこう言うのは間違っている気がしてきた。この人は「持っている」だけなのだ。味方を敗戦へと導く「何か」を持っている。ただそれだけw。

交流戦に入り、明るい兆しが見え始めていたブルペン事情であったが、2夜連続の青山劇場でまたまた暗雲が立ちこめてきた。ここは一度青山をブルペンから遠ざけてはどうか。厄払い、というと青山と青山ファンには酷かもしれないが、試してみる価値ありだと思う。代わりがいない?、いいのだよ、はずすだけでw。

吉持と茂木、小関と足立という2つの比較。Gとのカードは茂木と足立の存在の大きさを再認識する機会になった。吉持のショートのポジショニングは深すぎないか。吉持がゴロを補給した時点でランナーはすでに1塁へ到達しているようなタイミングに見えた。あれでは、ショートへ転がせばほとんど内安打になるイメージである。
足立のドームラン。足立の打席には可能性を感じることが多い。加えて一発が期待できるとなればいよいよ犬鷲製ジョウジマの誕生なるか。嶋の勝負強さともちょっと違った魅力。そして、小関との決定的な差でもある。

応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ