せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

後藤の勝負強さ

  • E2−1C

重苦しいゲーム。何度かあったチャンスも中堅どころ(ギンジ、オカジマら)がブレーキになって初回の1失点が重くのしかかる。8回裏、茂木の内安打とウィーラーの四球で1アウト1、2塁の場面、おそらくこのゲームのラストチャンスというところで代打攻勢に出たイーグルス。最初の代打がマスダだった。ここで一発タイムリーでも打ってくれたら彼を見直すつもりだったが、予想通りの凡退。私のマスダ評は微動だにせず。次の後藤が見事同点タイムリーを放つ。やっぱり、後藤。なんだかんだいってもこの人の勝負強さはチーム内でも3本の指に入る(あくまで私の印象として)。

今日の逆転劇はやはり釜田の好投あってこそ。ヒロインのヒジリもコメントしていたように、ナインが皆、今日のお立ち台にはもう一人、釜田を上げたかったはずだ。力強いボールがビシビシ決まっていた。最近は動くボールが釜田の代名詞のように言われるけれど、やはりこの人の持ち味は「力強いボール」でなくては。

釜田が8回途中まで好投、途中で金刃が一人限定でリリーフし、最後は松井裕。今の松井裕は必ずと言っていいくらい四球のランナーを背負う苦しいピッチングをする。「松井劇場」は今のところハッピーエンドで済んでいるけれど、いつ「5月の救援失敗」に逆戻りしても不思議でないくらいの不安定さである。もしかすると、古巣との対決を演出してミコを出してくるかとも思ったが、そこは梨田監督、ぶれずに松井裕を送ったのだった。

正直、「ぶれずにマスダ」はそろそろ大きくぶれてほしいと思う今日この頃w。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ