読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんだい雑記

犬鷲・日記・備忘録

初回の攻撃が勝負の分かれ目だったかな...w

  • E3−5T

来日初先発のリズとプロ初先発のルーキー青柳の投げ合い。国は違ってもプロ野球の世界で投げたことのあるリズの方が明らかに有利だと思うが、そこは野球というスポーツの繊細なところ。いろいろな要素が絡み合って、結局はルーキー青柳が勝利投手になった。というか、イーグルスが勝利投手にした、そんな感じ。

イーグルスの各バッターって、相手がプロ初登板の投手であろうが、ベテラン投手であろうが、区別なく同じような攻撃を仕掛けていくイメージがあるけど、相手が新人なら、もっと別の攻め方があるんじゃないか、いつもそんな感想を持ってみている。例えば、立ち上がりが不安定なら、ぎりぎりのカウントまでバットを振らないとか。そのうち相手が自滅していくんだからそれを嫌らしく待つ、みたいな...。

今日の青柳だって、初回は緊張のせいでボールが明らかに荒れていた。先頭の岡島はさすがにフルカウントまで様子見、四球で塁に出た。その後の吉持が簡単にバントを決めて1アウト2塁と一見理想的な攻撃のようだが、あれは青柳をずいぶん楽にしたバントではなかったかと思う。足が地についてない状態の初登板のルーキー投手、もう少しかき回してみても面白かった。〈たられば〉の話になるが、かなりの確率で連続四球、0アウト1,2塁になったような気がする。次の茂木も、ボール先行のピッチングなのにファーストストライクに手を出してアウトになっていたし、今日はぜんぜんタイミングの合ってなかったウィーラーも、ボール球に手を出してカウントを楽にしてやってた。ルーキー投手攻略には絶好の機会だったはずの初回、イーグルスは積極的に打って出て結局、青柳を助ける回にしてしまった。

ロッテの各打者などは、その点、実に嫌らしいイメージがある。相手先発がルーキー投手だったり、立ち上がりが不安定な投手だと見れば、それを見透かしたように、バットをなかなか振ってくれない。明らかなストライクボールでも、最初のうちは簡単に見逃す、そんな嫌らしい攻撃をしてくる。決して消極的なわけではない。相手投手が一番嫌なことを積極的に仕掛けているのだと思う。

ロッテといえば、ルーキーの成田くんがプロ初先発のときは是非イーグルス戦にぶつけてきてほしいものだ。成田くんの完投勝利を見てみたい。そのときは成田くんを応援しちゃうよ私はw。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ