読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんだい雑記

日記・備忘録・犬鷲

交流戦になって、ようやくエース登場

犬鷲
  • E9−1T

ようやくエースらしい則本を見た気がする。交流戦の初戦で1失点完投勝利はお見事。ま、この人の場合は初回を0点で切り抜けさえすれば、あとは安心して見ていられる。「さすが則本」というシーンがあった。6回表、タイガース鳥谷のホームクロスプレーがビデオ判定の結果、アウトからセーフになってしまった場面だ。0点、2アウト2塁の場面がいきなり1失点1アウト2塁の場面になってしまったわけだ。8分間という異例の長い中断のあとの結果がセーフ、1失点である。他の投手だったらあそこで急変していてもおかしくない展開だ。則本以外の先発だったらおそらく逆転されていた。このビデオ判定で流れはタイガースにググッと傾きかけたが、後続の3番、4番というタイガースの中軸を見事打ち取って1失点で切り抜けたのは、さすがエース、さすが則本と言わざるをえない。あれで、このゲームは勝負ありだったと思う。

今日のイーグルスのスタメンにルーキー4人が出ていたのは驚いた。茂木を筆頭に吉持、オコエ、そして足立。ルーキーがスタメンに名前を連ねるだけでも驚きなのに、それぞれが活躍したから驚きを越えて感激した。注目のオコエにも初ヒットが飛び出した。ついでに2本目も。交流戦の初戦、しかも相手は人気球団タイガース、こういうところが、やはり「持っている」選手という気がする。吉持もかつてのロッテ里崎を思わせる打席での独特の間(ま)のとり方でいい打球を飛ばしていたし、足立のサインも則本に首を振られることが少なくなった。そして茂木は今日もヒロインの活躍だ。チームに新風が吹き込まれ、息を吹き返した感じのゲーム展開。ルーキー4がきっかけになればいいな、交流戦で出直す...。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ