せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

横山劇場がシリーズ化されないことを祈る

  • M9−8E

イーグルスのリリーフ陣は女性受けしそうな甘いマスクの選手が多いけれど(例えば、青山、横山、浜矢)、みんな相手打者へのピッチングまで甘すぎて泣きたくなってくる。

今日の投手リレーは3点リードで始まったが、前日のブリガムに続いて、今回は横山がバトンを落とす。100球越えの前に力尽きた第一走者の釜田には身体的な限界が見えて、これはこれでショックだったが、そのバトンを受けた横山の“ビビりマウンド”には目眩(めまい)がして倒れそうだった。

浜矢の被弾はしょうがない。2ボール出したところで勝負あり、ストレートを待たれてガツーンだ。待っていたとはいえ、代打で逆転ホームランはバッターを褒めるしかない。それでも、浜矢はピンチの場面で開き直れる一面を見せ始めた(かつての有銘を思い出す)。逆に今回の一発で打者へ向かっていくピッチングに迷いが出ないかが心配である。

横山に開き直る兆しはない。タイムリーを打たれた2人めの加藤はボール球を振ってくれていたから、あれが普通のバッターだったら2者連続の押し出しによる失点だったはず。横山の場合、昨年の開幕ローテ入りのチャンスをモノにできなかった時点でハートの弱さは折り紙つき、緊迫した場面でのリリーフは完全に「適性なし」と見るべきだ。ボール自体良いものを持っているので惜しいというのであれば、立ち上がりの不安はあるけれど、かえって先発で使う方が可能性はありそうだ。リリーフとなれば、2桁以上のリードがある場面か、消化試合専門で使うしかあるまい。

“たられば”を言えば、6回裏の釜田のリリーフには、横山ではなくブリガムか青山だったろうと思う。連投との兼ね合いもあるが、今のリリーフ陣の(安心して)使える順番は、ミコライオ、松井裕、福山、青山、浜矢、金刃、ブリガム、....最後にだれもいなかったらようやく横山だろう。2アウトだし、まだ3点リードということで横山を送り出したのかもしれないが、ベンチは横山のハートを甘く見たなと思う。

6回裏に7失点で8−5と逆転されたが、8回表に3得点で追いついた。この攻撃陣の粘りはアッパレ。でも、イーグルスの場合、問題はここから。ミコが回跨ぎで希望を繋ぐ場面もあったけれど、守護神・松井裕で連日のサヨナラ負けは、もう完敗というしかない。今の松井裕だと途中のリリーフでも失点しそうだ。ここは松井裕を先発に回し、則本を守護神にすることを検討した方が良さそうだ。リリーフ投手には、最低条件としてピンチの場面でもストライクの投げられる気持ちの強い選手を選んでほしい。四球で打者を歩かせるためだけにマウンドにあがる投手などプロの投手ではない。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ