せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

ブリガムがバトンを落として競り負ける

  • M13−12E

両先発が早々にマウンドを降り、リリーフ陣の長いリレーにレースの行方が託された。点の取り合い、シーソーゲームで延長に入ったゲームに競り負けた格好だが、イーグルスはブリガムがバトンを落とさなければ案外楽に勝てたゲームだったと思う。

ブリガムがブルペン投手であることが分かってちょっとショック。先発からリリーフに回った最初のピッチングでまずまずの内容だったから騙されたが、実は横山、青山と同じ劇場型投手(自分で自分を追い込みゲームを盛り上げる。)のようだ。ブルペンで良くても、ゲームでは投げてみないと分からない。似たような投手ばかりが増えて、これでリリーフ陣が厚くなったと言えるかどうか...。

福山ちょっと心配。気持ちは入っているように見えるが、ボールは半ば死んだようになっている。全身バネのような選手だが、プロ野球選手にしては華奢な身体だから使いすぎはいけない。気持ちは強いが身体がついていかない。反対の選手は多いのに、このへんのバランスが恨めしい。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ