せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

我慢のとき

  • H3−2E

我慢のときなんだろうか。またもや接戦を落としたイーグルス。梨田監督は「競ったゲームはしている」と前向きなコメントを出していたけど、ノムさん語録に「強いチームは接戦で勝ち、負けるときは大敗。弱いチームは接戦で負け、勝つときは大勝」というのがあったように、今のイーグルスはまさに弱いチームの典型。

今回は藤田、今江、嶋、松井稼あたりの主力をはずしたオーダーで戦った。レイの好投もあって競ったゲームにはなったが、正直なところ、ホークス相手だと1軍と2軍のゲームに見えて、勝てる気がしなかった。5回表の伊志嶺の盗塁失敗を見たときはガックリすると同時に呆れた。こりゃとても勝てん...と。

最近のイーグルスはいったんリードされても終盤に追いつく粘りがある。ここは評価したい。ただ、追いついても追い越せない。そして最後は競り負ける。

競り負ける原因の中心はリリーフ陣の弱さ。ミコライオが加わって最後の3枚が出来たかに見えたが、この頃は、福山、松井裕といったところも失敗するケースが増えてきた。この3枚が絶対的な働きをしてくれないので勝ち星の計算が立たないという実に悩ましい状況だ。

前日は青山で失敗し、今回は福山で失敗。ただ、持っているカードは限られているので、それぞれのカードが本来の力を出してくれるまで待つしかなさそう。梨田監督の起用もそこは徹底している。浜矢がナイスピッチングを見せた。ここが我慢のときかもしれない。

同一カード3連敗だけは避けたい。先発の釜田は、私が今、最も勝ってほしい投手だ。心配なのはガス欠だけ。ガソリン満タンで行けるところまで行ってほしい。できればできるだけ長くw。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ