せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

ひっくりカエルは勘弁

4月24日(日曜日)

北海道神宮は梅が咲き始め...

4月の初詣に北海道神宮へ。春らしい晴天になったので自転車ででかけた。街なかの桜のつぼみのゆるみ具合を観察しながらのんびりペダルをこいだ。ところどころで早咲きの桜を見かけた。
f:id:uesugi_rintaro:20160424201436j:plain

月の初詣といいながら、すでに20日も過ぎてしまった。しかし、花見を兼ねてとなると悪くない。来週ならもっと良かったかも。境内の桜の花は1週間先くらいが咲き始めだが、GWにはこっちにいないから。円山公園内の鳥居から入った。

円山公園の桜はうっすらピンク色
f:id:uesugi_rintaro:20160424201431j:plain

境内には早くも露店が並ぶ。
f:id:uesugi_rintaro:20160424120227j:plain

境内の中の梅の花は咲き始め。桜ほどの華やかさはないけれど、春の訪れを知らせる目印のようでいい感じだ。
f:id:uesugi_rintaro:20160424120222j:plain

相変わらず外国の観光客で賑わっていた。お祓いするために駐車された新車の周りに珍しそうに集まってくる、スマホで撮影している人もいる。手水舎のところでガイドの解説を聞いている観光客の中に割って入って、「こういう風にやるんだよ」とばかりに手水を使うときの妙な心地よさは悪くないw。
f:id:uesugi_rintaro:20160424120208j:plain

ひっくりカエルは勘弁
  • L7−6E

今シーズン何度目かの大どんでん返しゲーム。ひっくり返して、ひっくり返されて。この手のゲームは、当然ながら最後にひっくり返す側のチームを応援していたいものだ。

ゲームを振り返るのも悔しいが、私自身のガス抜きも兼ねてここで少しだけ「タラレバ」の愚痴を書かねばならない。

釜田が7回をすっきり抑えていてくれたらなあ。正直な感想だが、病み上がりの状態を考えたら、釜田に対してこれ以上の毒は吐けない。7回といえば、制球の定まらなかった序盤の球数の多さがきいてきたころ。それでも100球は越えてなかったはずだから、「気持ち」とは別に、病み上がりの身体が悲鳴をあげていたのかもしれない。マウンド上の姿がたびたび映されたが、肩で息する姿が痛々しかった。

冷静さにも欠けていた。釜田が1失点惜しさにゲッツーを狙えた場面で3塁ランナーの金子を追ってしまった場面だ。あそこで1点とられても、2アウトになっていたら展開は変わっていたかもしれない。結果論になるが、最後は満塁ホームランで4倍になって返ってきてしまった...。

このへんでやめておきたいが、あとひとつだけ。嶋の代打に枡田を出す場面がこれまでにも何度かあった。梨田さんは、あの代打起用をこれからも続けるつもりなのだろうか。一発(ホームラン)がほしい場面なのは分かるが、枡田にそこまでの勝負強さはない。嶋をそのまま打たせる方がまだ期待が持てる。

ましてや、残りのイニングを伊志嶺のリードで切り抜けなければならないリスクを考えたら、仮に枡田を出すにしても嶋のところじゃないだろう。ゲームの終盤、3、4点くらいのリードではとても安心できる展開とはいえない、それが今のイーグルス。ひっくりかえる展開はそろそろ勘弁してほしい。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ