読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんだい雑記

日記(備忘録)、ときどき楽天イーグルス

エース失格、あそこで3失点はないだろう....

犬鷲
4月15日(金曜日)
  • H3−2E

開幕3連勝、しかもすべてのゲームで2桁奪三振というオマケつき。そんなイーグルスのエース・則本に対し、前回は“激励”の喝を贈った。奪三振よりも立ち上がりをシャキッとしろ。いつも初回に失点するが、追いかける展開にしてエースとして恥ずかしくないのか、そういう意味だった。

その点、今日の立ち上がりは文句なし、完璧な内容だった。ボールは走っていたし、コントロールもよかった。「このままパーフェクトピッチングでもいいぞ、則本...」―そんな声さえ掛けたくなる。今日の則本なら無失点で最後まで行きそう、気持ちにも余裕があった。

ところが、4回裏、セカンド後藤の痛恨のエラーがきっかけであっさり3失点。エラーのランナー福田、四球のギタを内川が3ランで返したのだった。おいおい、結局、追いかける展開かよ、しかも3失点って...w。

こういうところが則本にはあるよねw。良く言えば、大胆、豪快、勇敢―となるが、ちょっと加減を誤ると、不用意、無神経、無頓着、―になりかねない。

イーグルスの多くの投手が「考えすぎ」て自滅していくのに対し、則本はこの大胆さと豪快さが魅力ではある。たしかに魅力ではあるんだが、やはりエースと呼ばれる存在になったのだから、これにプラスして、万全の準備と、細心の注意がほしいところ。結果論ではあるが、内川にあの入り方はないっつーの。

後藤は自らのエラーを2ランを放って挽回した。俺の失点は(3点のうちの)2点までだぜ。で、まだ1点ビハインド。

イーグルスの各打者は、チャンスでぽんぽん打ち上げ、空振りした。ファウルで粘り、徹底してゴロを打つホークス打線との違いだ。後藤のエラーの教訓を攻撃に生かせていないのが口惜しい。転がせば何かが起こる、それがわからない。最後はそこの差が出た格好じゃないかな。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ