読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんだい雑記

楽天イーグルス・日記・備忘録

ブリガム登場するも、ロッテガムが2、3枚うわて

4月14日(木曜日)
  • E2−9M

今日のゲームも、ロッテの方が1枚も2枚も上手であることを思い知らされる内容。やればやるほど“実力差”が浮き彫りになるよう。このカード、完敗である。

今日の注目は、なんといってもイーグルスの新・外国人ピッチャーのブリガム。レイより先に1軍登場となった。2軍での成績以上に期待させる何かがあるのかも。

こっちは、2連敗のあとの涌井。ゲームの勝敗ははなから期待の外、ベールを脱いだ新・外国人先発投手の出来に注目した。

で、4回まではテンポの良いナイスピッチングでロッテのエース涌井を相手に堂々渡り合う。なんと、ゲーム序盤を1点リードに作り上げたのだからすごい。

と思ったら、死球がきっかけで中盤から失点を重ねてしまった。5回までと5回以降で明暗くっきり。時限爆弾のような印象、よくわからん...。

コントロールはよかった。やっぱり投手の生命線はコントロール。四球がないので、球数も少ない。常にストライク先行の投手カウントで理想的なピッチングを見せていたのに...。仁王立ちの後ろ姿にラズナーを思い出していた。ちょっとの間だけw。

四球は4回ボールを投げるチャンスがあるが、死球は1回のボールが出塁に直結してしまう。まさに当たったバッター以上に投手に痛いボールなんだなあ、と実感。5回から7回にかけての各失点はことごとく死球がらみ。まさに自らの死に直結するボールになってしまった。とほほほ....

それにしても、ロッテは出てくる投手がことごとくハズレなしだね。たいしたもんだ。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ