せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

見損なっていたかなあ...

4月12日(火曜日)
  • E1−7M

平日のデーゲームだったので、スコアチェックのみの感想になるが、またもや、火消し役になるはずの中継ぎが着火マンになってゲームを壊したという展開のよう。中継ぎ陣の負の連鎖を止める奴は出てこないのだろうか。

先発の辛島が6回3失点はすこし淋しい結果だが、先発としての役割はギリギリ果たした格好。ここからスパっと切り替えて反撃に出ようという7回のマウンドに立った古川が誤算だった。石橋と金を落として、戸村と古川を上げた。古川はこれを最大のチャンスといつもどおりのピッチングを見せてくれれば良かったのだが、中継ぎ陣の負の連鎖にハマってはいけない気持ちが強すぎて、逆に、プレッシャーに感じて自滅してしまった形だ。

3点ビハインドで迎えた7回だったので、戸村という選択はなかった。とりあえず古川で試そうという展開。ベンチとしては、今までの中継ぎ陣ではダメだということで上げた“古川”だったはず。3点ビハインドで代えたマウンドだから、仮に勝てなくても、「古川は今までの中継ぎ連中とは違うぞ」というところを見せて欲しかったはずだし、何よりも古川自身が「俺は今までの中継ぎ陣とは違うぞ」というところを見せたかったはずだ。

ところが、その気持ちをプラスに変えられない。こういう場面での気持ちの切り替えができるかどうか、大きな壁なんだが、古川くんは、この壁を越えられそうな数少ない若手投手の一人だと目をつけていたんだけどなあ。見損なったかなあ。

ほかに壁を越えられそうな若手投手となると、安楽くんぐらいだけど、彼は中継ぎではないしなあ。横山も古川も気持ちさえ整えば良い投手になるんだが...。釜田が肘の手術でロクなトレーニングも出来なかった中で見事な復活劇を果たしているが、若手選手のメンタル面のトレーニングで使える経験則はないのだろうか。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ