読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんだい雑記

犬鷲・日記・備忘録

もったいない敗戦、塩見に大喝!!

4月9日(土曜日)
  • E7−9F

イーグルス先発は左のエース塩見、対するファイターズは初先発のルーキー加藤。先発投手の格からすれば、そして、明日の相手先発が大谷ということからすれば絶対に落としたくないゲームだった。

相手ファイターズの先発を2回で降板させたところまでは予定どおり。ところが、そこから先が誤算だった。というか、嫌な予感はあった気がする。

クール塩見は、勝ちゲームの波に乗っていけない不思議キャラの投手なのだ。リードして、普通なら単純にイケイケとなるところ、彼はリードしている展開が逆に負担になってしまうタイプ。まるで暗示にでもかかったかのように得点差と同じ追加点を許す。クールなヘアスタイルのように、得点も均衡していないと我慢できないようだ。

福田の2ランなどがあって、3点リードで迎えた5回表、塩見の勝利投手の権利もかかっていたが、例によって先頭打者を塁に出すと、あれよあれよというまに3点あった得点差を全部吐き出してしまった。ほんとうに勿体ないピッチング。

今のイーグルスだからこそ、最後の最後まで二転三転するゲーム展開になっていたが、最後は中継ぎ陣の差がモロに出てしまった。青山に始まり、金刃、リズ、金のリレー。打者一人だけで代わった(しかもタイムリーを打たれて降板)金刃を除いて全員失点という有様。

よくもまあ、こんなポンコツばかりをそろえたものだ、というくらいの情けないリレー走者になっている。

終盤リードする場面になれば別のリレー走者に代わる展開もあったはず。やはり塩見が5回に3点の貯金を全部吐き出したところに敗因がある。

火消し役に、着火マンとして活躍されては今のイーグルスでも勝ち切れない。9回表、金が相手4番の中田にソロホームランを献上したところで勝負あり。

uesugi-rintaro.hateblo.jp

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ