せんだい雑記

楽天イーグルスのこと、あと日記も...

「あとは自力で塁に出ること」

オコエ選手が初のスタメン出場を果たしたライオンズとの第3戦、8回裏の無死1塁のチャンスに回ってきたオコエ選手の打席に代打が出された。

「あのケースはバント。苦手なものをやらせて失敗するのは、監督としてチームに申し訳ないので」は、梨田監督のコメントである。

「打てないより悔しい」は、代打を出されたオコエ選手のコメントだが、この反応はまさに梨田監督の期待していたものだ。

代打を出される前までの打席。初球からフルスイングしては凡退するオコエがナッシーには淡白すぎて、工夫がない、そんな風に見えた。“悔しかったらなんでもいいから塁に出ろ”、ナッシーが一番言いたかったことだろう。

で、タイトル(「あとは自力で塁に出ること」)の梨田コメントに繋がっていく。ナッシーらしく、かなりソフトな言い回しになっているけどね。言いたかったのは「悔しかったらなんでもいい...」である。

先のコメントの前振りとして、「守備、走塁は1軍で十分やれる。」ともコメント。だからといって、代走(他力で塁に出る)で使う選手ではない、そのつもりもない。そういう監督としての意思表示でもある。

「あとは自力で塁に出ること」、このコメントに、オコエ選手はどんな変化を見せるか、楽しみだなあ。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ