読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんだい雑記

犬鷲・日記・備忘録

永井さんの解説がやっぱり“長い”というどうでもいいことについてw

  • E2−3L

さすがにライオンから3連勝は無理だったね。接戦の好ゲームだったけれど、同点で迎えた9回表、必勝リレーの第二走者・福山で失点しまったのだからここはライオンズ打線を褒めるしかあるまい。前日のスコアから2点だけ借りて来れたら...、そんなことを考えながらのゲームセットになったw。

イーグルス先発の釜田。前回のソフトバンク戦では、8回無失点の好投を見せてくれたが、今回は6回2失点での降板。ボールが全体的に高かった。3回裏に味方打線が2点先制するも、次の4回表に連打を浴び、同点にされてしまった。味方が得点したすぐ後の失点だったのも残念。勝ち星は今回もお預けとなったが、先発としてはギリギリの合格ライン。次に期待。

今回は、相手の外国人投手が良かった。いや、良すぎた。メジャー経験もあって、韓国でも投げていたらしい。こういう新顔の外国人投手が好投するたびに、イーグルスもこういう投手を探してこなくっちゃ、とそっちの方に興味が向いてしまう。

ま、苦手ライオンズ相手に2勝1敗で終えられたのは上出来だったと思う。あとは早くチームに1本ホームランが出てほしい。ジョニーに出れば実に理想的だと思うが、今日の打席を見た限り、チーム一番乗りはちょっと厳しいかも。

ここからは余談になるが、パTVの解説者・永井さんの一つ一つのコメントが長すぎて、コメントが終わる前にプレーが終わってしまうという変な状況に、妙な違和感を感じながらの観戦となってしまったという話。

例えば、こんな感じ。アナウンサーが解説者に次のプレーや展開をアナウンサーが尋ねるというのは良くあることだが、永井さんのコメントの前には「え~」とか「あの〜」といった前置きが必ず付く、それから聴かれてもいない現役時代のエピソードなどが入るので肝心の聴かれたことに対するコメントが出る前にプレー自体が終わっちゃうのだ。

現役のときのピッチングと同じで余計なところに時間がかかり過ぎw。

しかし、懸命に解説しようという熱意だけは伝わってきた。慣れればいいかも(言う側も聴く側も...)、今が修行中であるw。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ