せんだい雑記

楽天イーグルス・日記・備忘録

片山が投手へ復帰

イーグルスは、横山と加藤を2軍に落とし、代わりに金刃と金を1軍に上げた。

そして、一度は投手から打者に転向させた片山をまた投手に戻すことにしたらしい。投手を断念するきっかけになった左肘の故障、その状態が回復したというのだからビックリぽんだ。

日刊スポーツ2016年3月31日より

楽天片山もう1度投手で勝負「再び1軍マウンドに」
楽天は31日、育成の片山博視内野手(28)が投手に再転向すると発表した。

 06年ドラフト1位で投手として入団した左腕の片山は、左肘を痛めていたことから昨年2月に野手へ転向。今年2月の久米島キャンプ紅白戦では、バックスクリーンを越える推定150メートルの場外弾を放っていた。

 再転向の主な理由は左肘の状態が大きく回復したこと。球団関係者によれば、もう1度投手で勝負したいという思いが強まり、各方面から意見を求めた末に自ら決断したという。

 球団を通じ「投手として再び1軍のマウンドに立てるように一生懸命頑張ります」とコメントした。

投手がダメだから打者へ、で、打者でもやっぱりダメそうだからまた投手へ、そんな安易なことが通用するほど(安易なことを認めるほど)プロの世界は甘くないはず。だからこそ、片山の左肘が劇的な回復を見せたことを信じたい。そして、一度は失った投手生命を取り戻したことで、片山が投手として以前よりもパワーアップ(大化け)してくれることに期待したい。どん底を経験したことで課題だったメンタルが逞しくなっていたら可能性はある。28歳という年齢は、本来なら脂が乗ってくる時期である。

梨田再生工場の診立てと、金刃らのベテラン投手陣の頑張りに注目だ。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ