せんだい雑記

楽天イーグルス・日記・備忘録

美馬できすぎ w

3月30日(水曜日)

朝方は風が強かった。かなり冷える。雪はすっかり無くなったけれど、札幌の春はもう少し先だなあと思わせる。
しかし、オフィスに入るとたちまち暖まる。コートをすぐに脱ぎ捨てて窓を開けた。心地よい風が入る。やっぱり春は近いかなw。

美馬できすぎw
  • M 0−5 E

前日ボロ負けしたロッテ相手に、美馬が9回を3安打、無四球のプロ初完封を飾って見せた。球数はわずか96球、いかにテンポよく投げて打ちとったかが分かる。本人も「ちょっとできすぎです。」とコメントしていたが、連敗していたこのタイミングでの「できすぎ」は大歓迎だ。あとは、ここまでのナイスピッチングでなくても良いから、つまり、「ほどほど」で良いからシーズンを通して活躍してほしいと願う。

中継ぎ陣は“投げてみないと分からない”実に頼りない状況だが、先発はそこそこ形になっている。則本、釜田、美馬は3本柱として活躍してくれそう。左はやや調整不足、出遅れている印象だが、塩見も辛島も実力と実績はある。次は合わせてくるだろうと期待。

やっぱり問題は中継ぎ陣。梨田さんも与田さんも、各投手の力量(信頼度)が、ブルペンと実戦でかなり温度差のあることを実感したはずだ。今後の起用に注目したい。

チームは開幕2カードを終えて、2勝2敗1分け。まさに五分五分のスタートを切った形で、まだ“今シーズンのイーグルスは違うぞ”なのか“今シーズンもいつものイーグルス”なのか、どっちなのか分からない。

ただ、ここに来て、助っ人外国人の2人や、今江、銀次といった中心選手にも当たりが出始めたことは明るい材料だ。スタメンを外れた松井稼は、前日のウィーラーとの接触で痛めた足の大事を取ったらしい、これだけがちょっと心配。

次のゲームは仙台へ帰ってライオンズ戦。イーグルスがもともと苦手としているライオンだが、ライオンの今シーズンの戦いぶりを見ていると、その獰猛さは一段とパワーアップしているようだ。まずは則本で1勝と行きたい。エースで負けたら、「あってはならない負け」になってしまう...。それは避けたい、勘弁。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ