読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんだい雑記

日記・備忘録・犬鷲

オープン戦 3.20 VS ベイスターズ(塩見、浜矢、哲朗)

犬鷲
  • De5−6E

パTVの放映もat eaglesの放送もなかったので、オフィシャルサイトでスコアと個人成績のみチェック。

先発の塩見は5回5失点。オープン戦ではあるが、開幕まで1週間を切った時点のピッチングとしてはちょっと打たれすぎ。2ベース、3ベースといったロングヒットが多いのも気になる。

練習で出来ないことは本番でもできない、悪いなりに、せめて3失点くらいでまとめられるところを見せて欲しかった。

下は塩見の降板後のコメント。“やることは一緒”で良いから、本番では“やられること”が一緒にならないようにしっかり調整と準備をしてほしいw。

塩見選手(5回裏、降板後コメント)
今日は意識してスプリットとフォークを多く使いました。 打者のスイングを確認できたのはよかったですね。 でも、テンポが悪く、決めにいく時にいけなかったです。 ヒットを打たれ過ぎましたけど球数放れたのはよかったと思います。 (開幕に向けて)やることは一緒なので、しっかり調整し、準備していきたいですね。

石橋は分かるが、浜矢もここに来てなお使われている。彼らは中継ぎで決まりだろう。一方、森の起用が無くなったのは、彼の先発ローテの目が完全には消えていないことを意味しているのか。彼の場合、火消しというより、どちらかというと着火マンのイメージだから、中継ぎは無理という評価かもしれない。

石橋は一度先発登板で見てみたい。浜矢は、戸村が中継ぎ起用で進化したのと同様に、中継ぎで経験と実績を積んでから先発に回れば良いのだ。

野手では結果が冴えない割にテツロウが使われ続けている。ショートは茂木で決まりだろうから、テツロウの役割としては、茂木の当て馬、ショート又はサードのサブといったところか。勝負どころで結果を出すイメージもないので、先ず目指すはスーパー・サブとしての信頼を得ることだろう。ただ、彼は脇役のイメージじゃないんだなあ。どう見ても主役を張る選手、早く化けてほしい。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ