せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

森くんはちょっと厳しいなあ...(オープン戦 VSホークス第2戦)

3月6日
  • E1−5H

イーグルスの先発は塩見。今日のフォームはしっくり来ていたのだろうか。緩急自在のピッチングは安定していた。4回無失点と結果も残した。

で、今日のゲームのポイントはやっぱり2番手ピッチャーの森くんだろう。

ここから先は森くんに対する愚痴になってしまった。森ファンの方は注意。

森くん、4年目の今シーズンもちょっと厳しいなあ。4回(5回〜8回)5失点。

1プレーごとに頷いたり、バックに声を掛けたり。それ自体悪いことではないが、私には、不安な自分や動揺している自分を落ち着かせようとしているように見えてしょうがない。これはトムのときにも時々感じる感覚だ。

ボール自体は球威もあって良いボールを投げるんだが、相手との駆け引きやピンチ、勝負どころでの集中力といったゲームメイクに必要なタフさに欠ける印象が強い。

例えば、こんなところ。2アウトから四球で歩かせたり、連打されたり(立ち上がりの4回がそうだった。四球で歩かせた長谷川の盗塁を川本が2塁送球でアウトにしたから助かった。盗塁が成功していたら、バタバタ失点していたに違いない)。0ボール2ストライクと追い込んでおきながら勝負できずにフルカウントにしてしまったり(こうなったときは四球にする確率もグーンとあがる。)。そして、味方のエラーが絡むとたちまち連打されたり。

森くんは、一つ一つのプレーが後に尾を引いてしまうタイプ。今シーズン最初の対外試合では、修正力を収穫にあげていたが、まだ本物ではなかったようだ。

ピンチのときや失点したとき、マウンド上で「やっちまったぁー」という動揺が顔にもろに出てしまうのも気になる...。こうなると、あとはキャッチャーに投げるだけでいっぱいいっぱい。ランナーが出ても、余裕があるときは、煩いくらい牽制球を投げるが、ピンチになるとピタリと投げなくなる。ランナーどころではなくなるからだ。いつものパターン。これでは野手もたまらない。

調整が云々、技術的なことが云々というならまだ救いはある。しかし、ブルペンでのピッチングは何の問題もなし。それどころか、先発ローテ当確の出来らしい。典型的なブルペンピッチャーだ。

タイムや飛んだ距離、高さなどを競う陸上競技のようなスポーツの選手であれば良かったのもしれない。しかし、(残念ながら)彼は野球選手、しかも投手。身体能力だけでは結果を残せないポジションにいるのだ。それが悩ましい。

菊池保則の例もある。もう少し様子を見るか、というあたりがイーグルスベンチの心境だろうか。開幕まであと1回は登板するだろう。ラストチャンス。

で、その菊池はどうした?

uesugi-rintaro.hateblo.jp

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ