せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

練習試合 VSバファローズ(思ったこと)

  • Bs4−5E

練習試合の最終戦は宿敵バファローズ戦。

相手のエラーにも助けられ、辛くも勝利。例によってat eaglesで観戦した。以下、思ったことをメモしておく。

(投手陣)
イーグルスの先発は塩見。先発の柱として期待される左のエース候補である。なかなか“候補”の殻を破れないでいるのが歯がゆいけれど。

キャンプを視察した侍J・小久保監督も興味を示していたと報道されたとおり、塩見の状態は良さそうである。ストライク先行、ボールの威力もあり、得意の緩急をつけたピッチングが出来ていた。

一発病と相手強力打線の連打で失点はしたけれど、決して期待を裏切るピッチングではなかった。心配なのは怪我だけ。このまま仕上げてほしい。

塩見の後は開幕投手が決まっている則本が1回だけ登板。さすがにエースという危なげないピッチングを披露した。

こうして見ると、実力のある投手というのは、シーズン最初の実戦登板であるとか、練習試合とかに関係なく、それなりのピッチングを見せるから大したものだと思う。ゲームを作る感覚が開幕1軍入りギリギリの並の投手とは違うということだろう。

(攻撃陣)
期待の新・助っ人ゴームズは、不発。調整中ということもあるだろう、日本の野球に慣れるにはもう少しかかりそうだ。ウィーラーやアマダーが好調なので、ここはじっくり調整(研究)させてやりたいところ。

茂木の実力は本物だ。勝負強さもあって、とても新人とは思えない。

うかうかできないテツロウだが、前日のタイムリーで気を良くしたのか、元気が出てきたようにも見えた。

ウィーラーがサードの守備でも存在感を見せていたから、今江の対抗馬として、オープン戦では3塁での出場機会も増えそうだ。

中川は少し焦りが見えてきた印象。プレーに淡白さと雑さを感じる。

外野陣の中では岡島、福田あたりが一歩リードの印象。ヒジリは島内、オコエらと争うことになりそうだ。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ