読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんだい雑記

犬鷲・日記・備忘録

ポジション争い激化(中間感想)

河北新報より

 楽天>新加入選手で激しさ増す定位置争い

 東北楽天の内外野で定位置争いが激化している。内野の茂木(早大)、外野のオコエ(東京・関東第一高)ら新加入選手が起爆剤となり、「もともといた選手たちに刺激を与えてくれている」と梨田監督がうれしい悲鳴を上げるほどだ。大リーグ通算162本塁打を誇るゴームズが加入する前に存在感を示そうとする選手もいる。し烈な定位置争いを中間報告する。
 外野の3枠は、チームの顔とも言える松井稼、ゴームズがほぼ内定している状況。残った1枠をめぐる争いが激しい。岡島、聖沢、内野手登録のウィーラー、福田、枡田、島内が高いレベルでしのぎを削る。オコエも久米島キャンプでプロのレベルに慣れ、開幕1軍を目指して、さらなる成長が期待される。
 内野は一、三塁と遊撃が激しい。一塁は新外国人アマダー、銀次、栗原と主軸クラスが争う。フリーエージェントで加入し、梨田監督から定位置を確約されていた今江がけがで離脱した三塁は最も激烈だ。茂木、中川のほか、複数の守備位置を守れる銀次、ウィーラーが回る可能性もある。今江も開幕に間に合うように調整を続けている。
 遊撃は松井稼が外野転向した昨季、選手を固定化できなかった。だが今季は、哲朗、吉持(大商大)、茂木、三好と若手が順調に育っている。
 二塁は球界を代表する名手の藤田がほぼ不動で、12日から2軍調整に回った。だが、13日以降実戦が増える沖縄本島で、茂木、阿部、三好がアピールを強めれば雲行きも変わりうる。
 後藤、牧田ら実績ある内外野の選手も今後1軍合流する機会をうかがっている。
 鍵を握るのが外国人3選手の起用法。誰が指名打者に回るかで、内外野の守備位置に影響が出てくる。梨田監督は「二塁の一カ所だけで許されるのは藤田くらいだ。銀次、茂木らに複数の守備位置を経験させながら、やりくりする」と語る。(金野正之)

整理してみよう。

〈外野〉
ほぼ内定松井稼、ゴームズ
候補(残1):岡島、聖澤、福田、枡田、島内、ウィーラー
〈内野〉
(1塁)
候補:アマダー、銀次、栗原
(2塁)
内定:藤田
候補:茂木、阿部、三好
(ショート)
候補:哲朗、吉持、茂木、三好
(3塁)
ほぼ内定:今江
候補:茂木、中川、銀次、ウィーラー

ゴームズ選手が外野のポジション争いに加わることは想定外だった。ファン的には嬉しい補強だったが、選手たちにとっては激震だったに違いない。
松井稼が頭ひとつ抜けていることはだれもが認めるところ、外野の残1をイーグルス的には豪華な顔ぶれが争う形になった。オコエがこれに加わってくればますます面白い。ナッシーのこれまでのコメントなどから、最も有力なのは岡島だろうか。

攻撃のパーツとして銀次は外せない。順当なら1塁は銀次、アマダーはウィーラーとの比較でDHというポジションか。

ショートは茂木で決まりだろう。昨シーズン前半の福田の活躍を思い出す。登録名を「哲朗」としてスタートする西田は、昨シーズンの聖澤の立場に似ている。ここで結果を残さないとずるずると埋もれてしまう可能性も。「こんにゃく打法」がマッチすることに期待。

ロッテから移籍した今江も、うかうかできない。持ち前の勝負強さと過去の実績からすると3塁・今江はほぼ間違いないが、イーグルスで迎える最初のシーズンに怪我で2軍スタートというのは痛かった。ライバルたちにアピールするチャンスを与えてしまった。普通なら余裕でチャンスを与えるところ、今シーズンのイーグルス戦士はなかなか侮れない。ファン的には嬉しい環境になっている。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ