せんだい雑記

楽天イーグルス・日記・備忘録

真っ白な雪の道を歩く

12月19日(土曜日)

路上に積もった雪、車道のは固まって硬い、歩道のはさらさら。凍ってはいないから、歩きづらいことはない。いや、真っ白な雪の上をキュッキュッと踏みしめて歩く感じは気持ち良い。ただ、ときどき吹き抜ける強風には閉口した。「札幌の冬」らしくない、そんな暖気な日が続いたけれど、ここにきてようやく札幌の12月らしくなってきた。
いつも思うのは、雨よりは雪の方がいいということ。歩きやすいし、なにより傘をささなくていい。フードをかぶるだけで歩けるのが楽ちんだし、気持ちいい。