せんだい雑記

楽天イーグルス・日記・備忘録

岩隈塾とマー君塾

イーグルスの投手陣の自主トレで興味深いのは、だれがだれと合同自主トレを行うかという点だったりする。プロ野球ニュースによると、イーグルスの投手陣の自主トレには大きく2つのグループ(塾)があるようだ。ひとつは岩隈を師と慕い一緒に自主トレをする塾、もう一つはマー君を尊敬し一緒に自主トレする塾である。岩隈塾、マー君塾などと呼ばれている。で、この話題についての感想を以前にもこのブログで書いた。それぞれのグループの顔ぶれを見たら、「技術を重視するタイプ」と「気持ちを重視するタイプ」に別れた印象があったからだ。それぞれの塾のメンバーは次のとおり。

  • 岩隈塾:塩見、戸村、菊池、濱矢
  • マー君塾:則本、辛島、釜田、松井裕

以上は、昨シーズンまでの自主トレメンバーなどから名前を上げたものだが、おそらく今シーズンも同じメンバーになるのだろう。
私の個人的な印象だと、あれこれ考えて投げるタイプが岩隈塾へ、気持ちで投げるタイプがマー君塾へ参加しているように見える。もっとはっきり言えば、メンタル面の弱さが気になる投手が岩隈塾に集まっていて、マー君塾のメンバーにはそれと反対のイメージがある。
弱い部分の強化を目的の一つとするならば、あえて逆のグループ(塾)に飛び込むことも必要ではないか、そんなことを以前のブログに書いたと思う。岩隈塾のメンバーには互いの傷を舐めあっているイメージがあったからだ。
uesugi-rintaro.hateblo.jp

ところが、戸村や菊池といったところは今シーズン、メンタル面でも安定していた。自滅することも少なくなり、成長が見られた。何がきっかけかは分からないが、結局のところ、だれと一緒にやるかが問題ではなくて、その人から何を得るかが問題だということだろう。
自分の足りないところ、弱点については本人が一番良く知っている。それを補うためにはだれをお手本にするのが最良か。考えた末のお手本が岩隈であり、マー君であったということかもしれない。戸村や菊池は足りない部分を岩隈との自主トレで補強し、技術的な面の自信を得て、メンタル的な成長を見たのかもしれない。
いやいや、実は話はもっと単純で、気の合う者同士が集まっただけだったりするかもw。
いずれにしても、これほどタイプ別にしっかり別れているのは面白い、とまた同じ題材でいろいろ書いてしまったw。こうなると...
気になるのは安楽くんの自主トレであるw。彼はだれと一緒にやるのだろう。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151128-00000137-sph-baseheadlines.yahoo.co.jp