せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

待ってました!大塚くん 

イーグルスの最大の課題は得点力不足の解消だが、それと裏腹に得点力不足を補うデフェンス力の補強も重要だ。中でも左のワンポイント不足をどうにかしたいところ。現在の左のワンポイントをあげてみる。

  • 相原和友

長谷部などは、いつ、どこで投げているの?、直前に姿を観たのはいつだったか...というくらいレアな選手になってしまった。彼には四球で自滅するイメージしかない。私の中ではもはや戦力外、何に期待して支配下選手に残しているのか疑問。西宮と相原もルーキー年度は目を見張る活躍で大いに期待を膨らませたが、2年目の失速ときたら「あれれれ...、同じ投手ですか?」という感じで、3年目の活躍を期待するには気の毒な状況だ。金刃が唯一まともな投手だが、今ひとつ安定感に欠ける。安心して送り出せる投手というわけにはいかない。来シーズに期待するにはこれまた荷が重そうである。
右のワンポイントをあげてみると、武藤、青山、入野、福山、そして加藤もいれるのかな...。安定感、信頼度、期待度において、月とスッポンだ。...とまでは言わないけれど、この差はやはり大きい。イーグルスファンならだれもがそう思うだろう。
そこで今回のこの記事はうれしかった。そうかあ、大塚くんがいたんだった。面白いキャラだし、自滅型ではないという点で、イーグルスでは珍しいタイプの投手だと期待していた。ようやく頭角を現しそうだな、そんな感じである。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151111-00000011-khks-spoheadlines.yahoo.co.jp

uesugi-rintaro.hateblo.jp