せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

助っ人5人退団に思ったこと

イーグルスは、5人の外国人選手の退団を発表した。サンチェスは期待はずれもいいところで、またしても楽天球団の外国人選手に対する目利きの弱さを証明してみせた。昨シーズンのユーキリスやブラックリーの二の舞いである。彼らに使う年俸を優秀なスカウトマンの獲得に使った方がどれだけ効果があるだろうと思うのは私だけだろうかw。
このぶんだと来シーズンの外国人獲得についてもあまり期待できない。残留組のウィラーがシーズン後半に調子を上げたことに僅かな希望の光を見るだけである。
意外だったのは、クルーズの退団を惜しむファンの声が多かったことである。ファンの間のクルーズに対する評価は私が想像していた以上に高かったようだ。私などは「おいおい、クルーズをいつまで使うんだ?」という印象だった。球団のクルーズに対する低評価に驚くファンがいたのと同様に、クルーズに対するファンの高評価に私は驚いた。
はっきりいって、クルーズが出てくるたびに私はドキドキしながらゲームの行方を見ていた。たしかにストレートは威力がある。これで変化球を覚えたらどれだけ嫌な投手になるだろうと思って見ていた時期もあった。しかし、変化球についても、ストレートの制球力についてもぜんぜん進歩が見られない。「行き先はボールに聞いてくれ!」式(いわゆる「荒れ球」が武器)のピッチングスタイルに、これは使えないな、と思ったものだ。ミコライオは2年契約だったよう。クルーズを手放したということは、松井裕の抑えはそのままに、クルーズの役割をミコライオが担う、そんな絵もありそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151031-00053156-baseballk-baseheadlines.yahoo.co.jp