読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんだい雑記

楽天イーグルス・日記・備忘録

デーブ、何をいまさら

デーブが選手批判を解禁したことが話題になっている。何を今更、と違和感を感じているファンも多いだろうと思う。
選手らの拙攻、拙守はシーズン中いたるところで見られた。それを「監督であるオレの責任」で通してきた。選手らが意気に感じて自ら修正してくれるだろうと信じていたが、いよいよシーズンも終わりに近づいてきて、選手らに一向に変化が見られない、言わないと分からないのだ、ということが今頃になってわかった、デーブはそう言いたいのだ。
しかし、選手らの性格や修正能力はバッティングコーチや2軍監督をしてきた経験で十分に知っていたはずではないか。デーブは、チームを強くすることを第一に置く一方で、自分のダーティなイメージをどうにかしたいという思いを捨てきれなかった、選手らに監督である自分を受け入れて欲しかった、そういうことだろう。そんな迷いのせいで、チーム作りが中途半端になってしまった気がする。
これも経験の差か。デーブに「再び監督をやる」チャンスが訪れるかどうかは分からないが、そのときは本性丸出しで取り組むのだろうか。
いや、この人はそもそもトップの器ではないのだと思う。星野さんのような絶対的な大将がバックにいてこそ、その奇抜なアイデアと卓越した実行力を発揮するタイプなのだ。使用上の注意を書き直す必要がある。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150925-00000015-ykf-spoheadlines.yahoo.co.jp