読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんだい雑記

日記(備忘録)、ときどき楽天イーグルス

秋田商業の成田くん、是非、イーグルスへ

日記(備忘録) 犬鷲
8月17日(月曜日)

秋田の実家にはネット環境がない。お袋が一人で暮らしているので当然である。なので、お盆の時期に帰ったときは、テレビで甲子園観戦をして時間をつぶすか、読書などしながらごろごろしているくらいである。子供が小さかったころは、近くの山や川に連れていって一緒に遊んだりしたものだが、今はそれもない。

大曲まで出ると、イオンがある。ここにはスタバが入っていて、Wi-Fiが使えるのでネットができる。先日買ったばかりのchromebookを持ち込んで、前日のブログを更新した。

お盆や正月に帰った時には、買い物で何度か訪れるイオン。いつも帰省客で賑わう店内を見ていたせいで落ち着かない空間というイメージがあったけれど、今日はお盆休みを終えた最初の月曜日、思った以上に空いていて落ち着いた感じだ。スタバのネット環境も実に快適だったし、お盆休みをずらしたことによるメリットを早速実感した。

朝から昼までスタバで時間をつぶし、昼に帰宅してからは甲子園の第3戦、仙台育英vs秋田商業のゲームを観戦。お袋も大の甲子園ファンなんだが、応援するのはもちろん秋田商業である。特に、秋田商業のエース、成田くんがイケメンとあって、その熱の入れ様は半端じゃない。近所のおば様たちも混ざって、ヨン様ならぬ「ナリ様」フィバーの中での観戦となった。

秋田の成田くんは連投の疲れも感じさせず見事なピッチングを見せていたが、育英に許した初安打がホームランというのがダメージになったか。育英のセナくんも大会屈指の好投手で、あとは攻撃力の差が勝敗を分ける展開、結局、攻撃力に勝る仙台育英が勝利した。ただ、最終回の秋田商業の追い上げは実に見事だった。尻つぼみにあっさり敗退するような無様な負け方ではなかった。最後まで相手を苦しめた戦いぶりには、秋田代表に恥じない力強さと粘り強さがあった。秋商ナインに拍手を送りたい。

それから、秋商の成田くんには、是非、イーグルスに入団してほしい。正直言って、仙台育英のセナくんよりも成田くんがほしいw。イーグルスには小さな好投手が多い。きっと良い刺激になるはずである。秋田のイーグルスファンも増えるに違いない。