読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんだい雑記

日記・備忘録・犬鷲

札幌より涼しい?、いつもの「連勝のち連敗」パターンかと覚悟した...

日記(備忘録) 犬鷲
8月15日(土曜日)
札幌より涼しい?

午前中、雨がぱらつく時間帯もあったが、午後にはすっかり晴れ上がる。晴れても涼しい、札幌と同じくらいか、もしかしたら札幌よりも涼しいくらい。その話を妻にしたら、涼しくなったのは先週の土曜日くらいからで、それまではとにかく暑かったらしい。

夕方、妻と二人でディナーへ。向かった先は、自宅そばに新しくできたイタリアンのお店。以前は小さなケーキ屋さんだったはずだが、店内は意外と奥行きがあって狭い感じはない。4人掛けのテーブルが縦に1列置かれているので、テーブルが隣同士にならないのが逆に落ち着いた感じで居心地がいい。

最初はビール、2杯目から赤ワインにした。札幌に行ってから赤ワインを飲むことが多くなった。セイコーマートの「Ḡ7」にはいつもお世話になっている。

ま、だからといって、ワインの味が分かるようになったかというと、そんなことはなく、単に飲み慣れてきたという感じだろうか。飲み慣れてきたせいで、自分なりに好きなワイン、苦手なワインの区別が出てきたのは良いことのような気がする。

肴は、前菜の5点盛りとマルゲリータ、最後にペペロンチーノを食べてオリジナルコーヒーでしめた。雰囲気もいいし、料理もおいしい。札幌に帰る前にもう一度くらい来れるかな。

いつもの「連勝のち連敗」パターンかと覚悟した...
  • E5−4F

イーグルスが接戦をものにした。2点ビハインドで迎えた8回裏、伊志嶺の打順でウィラーを代打に出したのが当たり、期待通り値千金の同点2ランが飛び出した。そして、松井裕が9回表を無失点に抑えると、その裏にヒジリがサヨナラ打を決めた。

試合運びもゲーム展開も明らかにファイターズが上(優位)だった。イーグルスは、ホームの利と助っ人外国人のたまたまの一発で運良く勝てたという印象である。

連勝のあとの連敗か、途中まで嫌なイメージがあったけれど、結果オーライ、ハンカチの今季初勝利はお預けとなった。ハンカチの「持ってる」パワーを押し返したのだから、デーブの「持ってる」パワーの方が上だったということか。

それにしても、ハンカチがここ2試合なかなかしぶといピッチングを見せている。投手はメンタルだという典型である。

それから、イーグルスの8回担当、クルーズ。変化球なしでよくぞここまで抑えてきた。ただ、最近の展開を見ていると、ストレート以外の武器が「荒れ球」というピッチングでは、そろそろ抑えにくくなっているのを感じる。