読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんだい雑記

犬鷲・日記・備忘録

甘酒で夏バテ防止、こうなったらオーナー騒動を上手く生かしてほしいものだ...

8月2日(日曜日)
甘酒で夏バテ防止

甘酒が夏バテに効果があるという記事を読んで、近くのスーパーから早速買ってきた。小さな缶に入った飲み切りタイプの3本入り。紹介していた記事にあったので試してみたのは、甘酒を冷たい牛乳で割る飲み方。「甘酒のミルク割り」である。記事によると、この飲み方は平安の時代からあったそうで、「醍醐」と呼ばれて流行したらしい。「最上の美味なるもの」という意味の「醍醐味」はこれに由来するそうだ。

甘酒を冷蔵庫で冷やしておいて、冷たい牛乳で割って飲んでみたら、これがすごく飲みやすくて美味しかった。甘酒の甘ったるさはどちらかというと苦手な方だったが、この飲み方なら大丈夫そうだ。牛乳の健康効果も追加されてかなり良い健康飲料になっているんじゃないか。是非、お試しあれw。allabout.co.jp

こうなったらオーナー騒動を上手く生かしてほしいものだ...
  • Bs0-3E

松井稼が四球で歩いた後のペーニャの2ラン、ペーニャがアンパイアの誤審でホームアウトになった後の藤田のタイムリー、この3点を投手陣が守り切った。先発の美馬は調子が良かった。マメがつぶれたらしい、6回のマウンドに一旦登るも1球も投げずに武藤に交代したのは残念だった。ただ、その武藤は急な交代を無難に処理し無失点。あとは青山→クルーズ→松井裕と必勝リレーだ。このごろは青山劇場を見ることもなくなったw(代わりに福山劇場がたびたび上演されるようになった...)。

田代コーチの退団で、三木谷オーナーの現場介入に注目が集まっている。田代コーチがオーナー介入の実態を暴露したところによると、デーブはコーチ側の前面に立って現場の声を生かそうと懸命に頑張っていた、ということになる。どうやら悪の根源は三木谷オーナーただ一人、という構図になってきたが、どうだろう。オーナーの言いなりの腰ぎんちゃく、というのが私の勝手なデーブ像であった。真相は少し違っていたようだ。ちょっとうれしいような、残念なような、複雑な心境であるw。

デーブへの風当たりが一気に三木谷オーナーへ向く可能性も出てきた。球団は、この展開を生かさない手は無い。三木谷オーナーは、ただちに「『金は出すが口は出さない』という球団経営に徹します。」というコメントを出し、現場介入について謝罪するのである。デーブのイメージアップは図れたし、現場の雰囲気も良くなるだろう、ナインは落ち着くし、何よりも田代コーチの退団が生きてくるというものだ。三木谷さんの大人の対応に期待したいw。headlines.yahoo.co.jp