読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんだい雑記

日記(備忘録)、ときどき楽天イーグルス

墜落事故、福山炎上

日記(備忘録) 犬鷲
7月26日(日曜日)

住宅地に軽飛行機が墜落するという事故があった。

飛行機が住宅地に落ちてくるなんて、普通だったら考えられない。そんなことを考えたら、心配で外を歩けない。というか、家の中にいても同じか。ところが、その考えられないことが現実に起きてしまった。これは福島原発と一緒だ。空港近くの市民にとってはまさに「想定外」のことだったに違いない。人命がかかっているから「想定外」では済まないところも一緒。原因は徹底的に追究してほしい。

私は札幌に来てから飛行機を利用する機会が格段に多くなった。それまでの数年に1度あるかないかという利用頻度から月に1度くらいの頻度に変わった。普通ならそろそろ慣れてもいい頃なんだが、いまだに地に足のついていない状態が落ち着かない。そこに持ってきて、この墜落事故である。ますます慣れるのに時間がかかりそうである。news.yahoo.co.jp

  • E0-10M

イーグルス先発の菊池は、着実に成長しているのが分かる。これまでのどこか不安げな、地に足がついていない感じのマウンド裁きから、ピンチにもしっかり腕が振れるタフで冷静なマウンド裁きになったように感じる。

6回表、菊池は2アウトからクルーズを歩かせてしまい1、2塁としたところで、福山に交代した。そして、福山の起用は今日も裏目に出てしまった。相手の流れを断ち切るはずが、逆に大量追加点を許してしまった。デーブの早い交代は今に始まったことではないが、いつもあまり良い印象がない。無失点で切り抜けられれば一応成功したかに見えるが、あくまで結果論だろう。「やらずに後悔するよりも、やって失敗する方が良い」、デーブの考えは一貫している。ただ、あそこは菊池に続投させたかった。

微動だにしなかった星野前監督のしかめっ面が懐かしい。