せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

富良野のラベンダー、塩見よ反省だけなら猿でもできる...

7月11日(土曜日)

富良野へ。ラベンダーの花が見頃だと聞いた。富良野といえば、「北の国から」などのドラマのロケ地としても有名だが、今回はJRで移動したので、目的地は一ヶ所に決めた。ラベンダー畑で有名らしい、「ファーム富田」さん。

札幌駅から富良野駅までJR特急フラノラベンダーエクスプレス1号(札幌7時55分発、富良野9時52分着)に乗った。

富良野駅からはJR富良野線に乗り継いで中富良野駅まで移動。列車に乗っている時間は10分ほどだ。中富良野駅は無人駅?、改札に人はいないが、観光案内の女性が一人常駐していて、観光マップで案内してくれた。

富良野駅からファーム富田さんまでは徒歩で25分くらいかかったろうか。途中、車の渋滞がすごかった。天気良かったから。
今日は全国的に暑い日だった。北海道も例外ではない、久々に真夏日の中を歩いたが、汗でびっしょりだった。その分、爽やかなラベンダー畑が素敵だった。

花畑は山側にある。畑からファームを見下ろすとこんな感じ。

ファームの人たちが作業をしていた。皆さん長袖を着てらっしゃる。大変な仕事だ。

花畑が見事。ラベンダーは種類がいくつかあるのだろう、紫色の濃さが畑によって違ったり。

富良野メロンがこんな感じで売られていて、その場で食べられる。家族連れやアベックで満席だったので、私は別のお店でメロンパンとメロンソフトクリームをいただいた。写真に撮ろうかとも思ったが、一人だったので、回りの目が気になりやめた。ソフトクリームを自撮りしているオヤジって引いちゃうでしょw。

帰りに町営のラベンダー園にも寄ったが、リフトで高台に登って見下ろした景色がよかった。

富良野駅近く。線路は続くよどこまでも...

  • E3-4Bs

塩見は7試合連続の被弾。今シーズン許したホームランはなんと14本だとか。一発病とはときどき聞くフレーズだが、こうも同じ展開を繰り返すようだと、もはやかなりの重症である。塩見は良い投手だが勝てる投手ではない。脇が甘いというか、詰めが甘いというか。同じミスだから反省のコメントも毎回おなじになる。反省だけなら猿でもできる、というフレーズがあった。