せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

イワサキとアベちゃんの明暗くっきり

7月5日(日曜日)

午後の便で札幌へ。昨日の用事を済ますことが主な目的だったので、ちょっと慌しかったけれど良しとする。午前中は妻に付き合ってお出かけ、たまの妻孝行もできた。上出来であるw。

札幌に帰ってイーグルス観戦。相手がファイターズなので、こちらの地上波でも流れていた。

  • E3-2F

連敗を止めたのは、途中出場(8回裏に代走)のアベちゃん。サヨナラヒットだった。ヒロインはもちろんアベちゃん、初のお立ち台である。怪我人続出で連敗も8まで数えたが、こういう状況でもなければアベちゃんがお立ち台に立つことはなかったかもしれない。本人も「自分がヒーローと言っていいのでしょうか」と恐縮しまくりだったが、たしかに直前のスクイズを見事に空振り(失敗)して、顔が引きつったままで放ったサヨナラだった。スクイズ失敗で頭の中は真っ白だったに違いない。もう、必死さが身体中からビンビン伝わってきた。アベちゃんはあのときの集中力を忘れてはいけない。野球の神さまが与えてくれた貴重な成功体験なのだからw。

イワサキにもチャンスはあった。7回裏、2アウト満塁の場面で代打に送られたときである。が、彼は生かせなかった。三球三振は最悪、何もしないで終わった印象。彼の選手としての力量はあそこが限界だろうか。自分で“守備の人”という限界を作ってはいないか。初球の絶好球を見逃したところにそんな壁が見えた気がした。