読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんだい雑記

犬鷲・日記・備忘録

時間的には近いが料金的に遠い札幌―仙台間、とうとう8連敗

7月4日(土曜日)

GW以来の仙台。2か月ぶりである。12時からの予定があったので、朝7時50分新千歳発の飛行機で移動。これだと9時には仙台空港に着く。余裕で予定の時間に間に合った。空港間の飛行時間は1時間ちょっと。飛行場までの移動時間を入れるとこれに1時間30分ほど加算されるが、料金的なことを除けば、実に近い距離感である。スカイマークの路線があったころは更に良かった。料金的にもかなり近かったw。

  • E2-3F

イーグルス、何度かあったチャンスも小斉に回るものだから結局得点できず。小斉では力不足、役不足。塩見が好投したので、ゲームはどうにかこうにか接戦になったけれど、攻撃の決め手が明らかに不足している。小斉、山崎のカードはどうみても捨て札である。
1点ビハインドで迎えた7回裏、松井稼のところにチャンスが回り同点に追いつく。役者はこうでなくてはいけない。ゲームは役者次第、監督次第。
ただ、役者の数では日ハムの方が1枚も2枚も上手。延長10回表、切り札・松井裕も回跨ぎでパワー減、西川に内安打を許すと、次のバッターにしっかり送りバントを決められ田中賢にレフトライン際に執念のポテンヒットで勝ち越される。脇役も名優揃いの日ハム。裏には増井に抑えられゲームセットだ。

すごい!とうとう8連敗。このまま10連敗まで行きそうな勢いである。「よくやっているんじゃないか...」 オーナーのこのコメントは選手に向けられるべきものだろう。