せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

なでしこ観戦で4時半起き、モイストヒーリング/勝てる気がしない

6月28日(日曜日)
なでしこ観戦で4時半起き、モイストヒーリング

女子ワールドカップの決勝トーナメント、日本vsオーストラリア戦を観るために朝4時半起床。昨日買ってきた南青山ブレンドを飲みながらテレビ観戦である。

前半戦を0-0で終えた。前半戦に得点の入らなかったのは今大会初めての“なでしこ”、相手より攻めてはいるが、なかなか得点にならない。前の試合まで後半に追い上げられる印象があった。リードのない状態で後半戦を闘っているのが心配だった。

そして、待望の先制ゴールは後半42分、途中出場の岩淵が決めた。その後、45分に澤を入れてチームを引き締め逃げ切った。ベスト4である。すばらしい。女子サッカーは(なでしこが)強いから観ていて面白い。男子サッカーだったら早起きしてまでは観ないだろうw。

足裏の傷は劇的に回復。歩くのに支障はまったくなし。原因はこのバンドエイド。

バンドエイド キズパワーパッド 靴ずれ用 6枚

バンドエイド キズパワーパッド 靴ずれ用 6枚

靴ズレ用だが、これを足裏の患部に貼ったら、翌日にはすっかり良くなった。モイストヒーリングという療法を採用しているらしい。この効果は凄いw。靴ずれ用なのではがれ難いのも良。

勝てる気がしない
  • E3-7H

これだけ力の差があると観戦するのが辛い。ホークスの3番柳田、4番内川、5番李、6番松田というクリーナップはそのまんまサムライのスタメンで通用する豪華さである。初回のショート後藤のエラーが痛かった。見方を変えれば、一つのエラーから残ったチャンスをきっちり得点に結びつけるホークスの地力はさすがで、そんな相手だからこそ歯が立たないのだなあ。今のホークスと互角に戦えるのはライオンズくらいではないだろうか。