せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

中川くんのバーンはいい感じだね

5月19日(火曜日)
  • E7-4F

イーグルスが3連勝、しかもすべて逆転勝ちである。今のイーグルスはまさに“ぎゃくてん”イーグルス、8回までのビハインドが2、3点なら勝負の行方は最後まで分からない。一気に逆転できそうな雰囲気と勢いがあるのだ。
話は変わるが、中川くんのバーンの音頭はなかなか良いね。たまに音頭がトーンダウンしてしまう選手がいるけれど、中川くんのは上がる感じで勢いがあるw。

星野前監督がテレビの収録でコボスタを訪れ、先発の塩見を激励したというニュースがあった。塩見は直立不動で激励を受けたらしい。
星野さんがそのままゲームを観戦したかどうかは分からないが、観戦したとしたならば、初回2失点という塩見の立ち上がりは星野さんを意識したせいではなかったか、そんなことを考えていた。星野さんには悪いが、塩見は相手チームにではなく、前監督にビビッてしまったような気がしてならないw。ま、不安定だったのは初回だけ。7回途中に降板したが、ゲームは作ったのでよしとする。

初回の2失点はペーニャの第2号同点ホームランで帳消しに。ところが次の3回表に大谷にホームランを打たれ2-3と勝ち越されてしまう。大谷恐るべし、である。大谷の2刀流をどちらも中途半端になると批判する向きもあったけれど、今やドラ1級の投手と打者を1回に2人獲得し、どちらも順調に成長してきたような美味しい話になっている。悔しいけど。

さて、2-3で迎えた8回表、中田に14号ソロが飛び出したときは、これで勝負アリと思わせた。ところが、今のイーグルスは逆転イーグルスである。8回の2点差などぜんぜん問題にしない勢いがあった。

8回裏の攻撃はサンチェスのセンター前ヒットから始まるが、一挙5点をあげて7-4と逆転する。サンチェス-後藤-ペーニャ-中川-嶋-牧田-藤田という打線で5点。うち、ペーニャと嶋が三振に倒れた。久々のホームランで一時は注目されたペーニャだったが、この回で三振したので、ゲーム後の表情は少し淋しそうだったねw。

3連勝のイーグルスが目指すは、交流戦前の借金返済である。借金2、(交流戦前の)ゲームは残り5、いけそうじゃないかw