せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

あれじゃあ勝てないよ、則本...

5月9日(土曜日)
  • H2-3E

今シーズンの則本はちょっと変である。強気のようで強気じゃない、攻めているようで逃げている、そこが則本らしくない。勝てていないことが影響しているのだろう。

今回、それがイ・デホのところでモロに出てしまった(その前にもランナーが出たところで垣間見えたのだが...)。たしか美馬もイ・デホの一発に泣いたゲームがあった。で、今日は則本だ。勝てない2人が同じことを繰り返している...

5回までパーフェクトピッチングをしていた則本。今日の則本なら3回の先制点で十分勝てるだろうというエースピッチングだった。

ところが、今シーズンの則本は少し違う。魔の失点イニングを必ず作ってしまう。そしてそのことを則本が一番感じていて、酷く警戒している雰囲気がこっちにも伝わってくるようである。

たとえば、ランナーなしでバッターとの1対1の勝負であればグイグイ行くいつものスタイルなのだが、ランナーを背負うとたちまち守りに入るようなイメージ。ピッチングが明らかに変わり、まるで失点モードにじわりじわり引きずり込まれるようだ。

6回裏に明石がチーム初安打で出塁したときにまずその変化があった。高谷にバントを決められ2アウト2塁となった場面で迎えた今宮にストライクが入らなくなる。結局、四球だ。次の中村を打ち取ってここは切り抜けたが、前の回までパーフェクトピッチングをしていた投手とは明らかに別人だった。「あれれれれ...」と思ったよ。

そして、迎えた7回裏。1アウトで内川をランナーに出すと、迎えるバンターはイ・デホ。則本劇場の開演だ。ここはホームラン警戒だけのはずが、バッターを2-2と追い込んだカウントからそのホームランを献上してしまう。嫌な予感が一番悪い形で現実となった。

昨シーズンまでの則本なら、あの場面はバッターを打ち取ってマウンド上で雄叫びを上げている姿を連想できた。ところが、今シーズンはマウンド上で悩んでいる顔と放心状態でボールの行方を追う姿が浮かぶ。則本らしくない、でも、今シーズンに限っては実に則本らしい。

勝ち試合から負け試合に傾きかけたゲームを延長戦で再び勝ちゲームに戻した。この粘り腰の意味は大きい。

同点に追いつかれた8回表の攻撃で、追加点のチャンスを後藤の3盗で潰してしまうという場面があった。アウトになった後藤をベンチが拍手で迎えている場面がモニターに映って違和感を感じた。超機動力野球が雑な野球を許しているようで気になるが、今回は勝ったから、あれも攻めの気持ちと良い方に解釈するか。勝てばどんな解釈も許されるw。

嶋がヒロインで則本を讃えていたが、嶋の立場であればあれも良しだろう。ファンからすればエースの裏切り以外のなにものでもない。ただ、それは則本自身が一番感じていることなので...我慢。

さて、明日は戸村。前回は変身前の戸村に戻ってしまった印象だが、今度の戸村はどうか。変わったところを見せてほしいね。