せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

美馬が投げると打線が湿るのはなぜだろう

4月29日(土曜日)
  • Bs6-0E

美馬が勝てない。毎回ランナーを背負いながらもなんとか切り抜けるという苦しい展開だった。相手チームにしてみれば、毎回チャンスがありながらなかなか得点できないという嫌な展開だったと思うが...。

我慢比べのようなゲームは4回にオリックスが先取点をあげて動く、続けて相手のルーキー西野に2ランが飛び出し勝負あり。

美馬が投げるときは味方打線が湿る印象がある。相手先発がエース級かというとそういうわけでもないから、不思議である。ピッチングのテンポが悪いと攻撃陣がのっていけないとよく言われるが、美馬の場合はどうだろう。

昨日のゲームはたしかにイライラした。毎回ランナーを背負いながらの展開。いつ得点されてもおかしくなかった。相手チームも嫌なムードだったと思うが、味方も疲れるゲーム展開だった。

イライラしたゲームはパッコーンとホームランで決まった。美馬のゲームはこのパターンが意外と多い。均衡が破れるときや相手に追いつかれるときのパターン。

今回のように均衡が破れるときもそうだが、例えば、味方が先取点をあげても、その裏か表にすぐにパッコーンと追いつかれる...みたいな。

これはキツイ。守っている野手にとっても、そして観ているファンにとっても...w。このような展開を仮に「美馬劇場」としておく。

またまた支離滅裂な感想を書いてしまったw。今シーズン、美馬が初勝利をあげたときのゲーム展開を観て頭の中を整理したい。