せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

ノリがダメでもレイが、そしてトムがいるぞ...

4月26日(日曜日)
  • E7-1M

昨日のゲームは用事があって観れなかった。それでも、エース則本の登板日である。テレビにかじりついて応援しなくても、結果だけを観て「あぁ、今日も勝ったなあ」となるはずだったw。ところが、そうならないのが、今のイーグルス、今の則本なんだなあ...。3-7の敗戦だった。

で、今日のゲーム。戸村はプロ6年目で初の完投勝利を飾った。エースと期待された則本がいまひとつピリッとしない中、レイでありこの戸村が周囲の期待を良い意味で裏切って活躍している。

エースが5戦して1勝、4番がホームラン0という状況はたしかに危機的状況ではある。が、一方で別の戦力が力をつけてきてその穴を埋めている。これは実に複雑な心境である。

ま、則本のこれまでの実績からすれば、いずれは調子を上げてくるはず。塩見も美馬も同じ。このまま怪我なくローテを守ってくれれば勝ち星は自ずとついて来るはずだ。

そして、戸村がいよいよ自信をつけて安定した活躍を始めれば投手陣はいい感じで回りそうである。レイは年齢的に夏場にペースダウンしそうな心配はあるが、レイが減速した分は則本が、塩見が、そして美馬が穴を埋めてくれるだろう。レイは今のうちに貸しを作っておくべし。

後藤がいいね。彼がオリックスから移籍してきたときには、まさに今のような勝負強い働きを期待していたわけで、ここに来てようやく戦力になっている感じである。ちょっと時間がかかったけれど、ここから一気に挽回してほしいものだ。

それから機動的野球について。盗塁に限らず、けっこう走っている印象だが、いつも成功するとは限らない。いや、失敗することたびたび。ときどき感じていたことは、手堅くバントで良かったのではないか...とか、0アウトからの出塁なのに勿体無い...とか。

ただ、好走塁が得点に結びつく場面も増えているように感じる。みんな走塁が上手くなっている。実戦で身につけた走塁が生きてくるのはこれからだ。正直、そんな印象がある。成功する確率がどんどん高くなっていけば面白いと思う。

福田のファインプレーが目立つ。ところどころで効果的なプレーをしてチームを助けている。この人もよく言うところの「持っている」選手なのかもしれない。