せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

まさか福山の押し出し四球で負けるとは...

4月22日(水曜日)
  • H2-1E

美馬と武田の投げあいは、まあ、引き分けというところだろう。ゲームの幕を引いたのは、8回からマウンドに上がった福山の9回裏の押し出し四球だった。

たしかに美馬がイ・デホに打たれたホームランは勿体無かった。1点先取の後、あそこのイ・デホは1発警戒だけ。しかも前夜の連発で好調の程度は知っていたはずだ。どれだけ警戒してもし過ぎということはなかった。ただなあ。これも“たられば”なんだなあ。結果によっては「もっと大胆に」という感想だったりする。ここはイ・デホを褒めるべきだろう。

福山の四球、彼に限って、プレッシャーに負けての押し出しとは思えない。あれは疲労だろう。単なる投げすぎだ。休養して出直したい。

好投している投手が勝ち星にありつけない。イーグルスは嫌な展開になっていると思う。

下位にいるオリックスが調子を上げてきた。まだ順位がどうこういう時期ではないけれど、混パのレースは先頭集団から離されたらおしまいだ。先頭集団に入っていないからといって焦る時期ではないが、離され過ぎるのもまずい。良い距離感でついていきたいところ。そのためにはどうするか...。

好投している塩見と美馬に勝ち星を付けられないチーム事情は異常である。まずはそこを正常な形に戻したいw。