せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

後藤のホームランが価値ありでしょうw

4月14日(火曜日)
  • L1-2E

開幕2カードめの対戦で連敗したライオンズ相手に接戦をモノにした。引分け2を挟んで5連勝貯金も1、それからあれよあれよという間に3位浮上であるw。

連勝の勢いも味方したと思うが、先発の塩見が安定した好投を見せ、福山、青山、松井裕と継投もバッチリ、地力もついてきたように見える。

今日のヒロインは8回にタイムリーを決めた銀次だったけれど、最近の銀次はおいしいところをさらっていく巡り合せ。“持っている”男だからしょうがない(w)として、真のヒーローはやっぱり塩見であり、新生・後藤だろうと思うw。

3戦勝ちなしの塩見だが、安定感はイーグルス先発陣の中で群を抜いている。そして、その塩見のモチベーションを維持したのは後藤のホームランだった。

今シーズンの塩見」の本領発揮は6回裏のピッチングだったろう。藤田の悪送球などもあり、2アウト2、3塁の場面で、渡辺ナオトを歩かせ満塁策、次の森本をしっかり抑え無失点で切り抜けた。こういう場面を落ちついて切り抜けられるのは自信の裏づけである。塩見の安定感はいよいよ本物だ。

そして僅差を守り切った松井裕も褒めてあげたい。コントロールのバラつきは相変わらずだが、昨シーズンと違うのはボール先行でも慌てないところだろうか。落ちついてしっかり投げきることに集中している。おのずと結果もついてくるのである。

ところで、ライオンズのおかわり君こと中村選手のオーラは半端ないね。彼が出てくると観戦しているだけのこっちも嫌な雰囲気に襲われるw。マウンドで対峙しているピッチャーのプレッシャーたるや想像以上だと思う。侍ジャパンの4番でないのが不思議。