せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

新生・戸村はどうやら本物のよう、再生・ヒジリの兆しも見えたので、これからこれから...

  • M4-6E

連敗脱出を演出したのは戸村だった。新生・戸村はどうやら本物のよう。これはチームにとって大きな収穫である。

さて、戸村の変身ぶりはオープン戦のときから評判になっていた。デーブ監督もその変貌振りを高く評価していたが、今日のマウンド裁きを見ていて、たしかに昨シーズンまでとは違う雰囲気を醸し出していることが分かった。一皮むけた印象である。

初回こそ、かなり緊張した様子がうかがえたが、連打されてもそのままずるずる行かずに2点で堪えたところからして成長の跡が見える。2回以降はすっかり落ち着いて新生・戸村そのものであった。以前の戸村は2ストライクまで追い込んでも、そこから苦労しているイメージがあった。あれこれ考えすぎて結局四球、自滅するパターンである。ところが新生・戸村は違った。2ストライクから粘られてもしっかり投げきるタフさがあった。メンタルもそうだが、技術的にも一皮むけたと思いたいw。

攻撃は1点ずつというストレスフルな展開。1点取ってはゲッツーでチェンジを何度か繰り返した。まるで、相手に早く追いついてくださいと言わんばかりの拙攻だった。特にウィラーがひどかった早打ちマックで貧打、鈍足と来た日には、“助っ人”外人ならぬ“足手まとい”外人である。自分の役割をもっと考えてほしい、というか、このままではまったく使えない。昨シーズンの後藤を見ているようだww。

ヒジリに久々のヒットが出た。今日のヒジリが違っていたのは、打てないなりに必死に出塁しようとしていたことだ。ボールの見送り方も大袈裟でボールが良く見えていたかは疑問だが、四球でも出塁するなど役割は果たしていた、次に期待したい。

ペーニャ岡島の好調は続いているので省略。

8回裏に登板したクルーズが意外と安定していて頼もしい。あの顎鬚は一瞬ペーニャがマウンドに上がったかと勘違いしたが、新生クルーズその人であった。7回福山、8回クルーズ、9回松井裕のリレーは機能するかもしれない。

最後にヒロインは戸村かと思ったら新守護神・松井であった。受け答え振りはさすがに2年目、いくらか大人びてきた印象だ。今のポジションに誇りとやりがいを感じているように見える。

とりあえず連敗脱出だ、めでたいw。