せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

結露がなかった

3月5日

先日の地元紙の朝刊で道内の2月の平均気温が過去3番目に高かったという記事を読んだ。同僚らが「今年は暖かい。札幌の寒さはこんなものではない。」と言っていた感想は、どうやら当たっていたようである。

実は私も「今年の冬は暖かいのだろう」と思っていた。札幌の冬の生活は初めてなのに、何故そう思ったか。

それは、結露をまったく経験しなかったから。私の前任からは「部屋の結露がひどい」と引継ぎを受けていた。壁の結露はマメに拭いておかないとカビが発生するとも言われていた。

それが、この冬は結露をまったく見ていない。結露が出ないということは、部屋と外の気温差があまりないということなんだが、これはすなわち暖かい冬だったということだろうと思ったのである。

3月に入り、プロ野球の開幕まで1ヶ月を切った。もはやこれから結露で悩まされることはないだろうw。

はてなの「読者になる」の数が一気に4人減ってしまった。「読者になる」返しをしなかったことが原因だろうかw。