せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

ススキノで活イカ食って酒飲んだ(函館開陽亭別邸大三坂)

あまり間が空いても白けるので、先日、雪まつりに来ていた妻と息子を連れてススキノでお酒を飲んだことを書いておく。

「大三坂」さんは「開陽亭」さんの別邸、つまり別館である。正式名は「函館開陽亭 別邸 大三坂」という。ここで海鮮料理と北海道の地酒(日本酒)をいただいた。開陽亭といえばやっぱり活イカを食べさせたい。私も活イカのコリコリ食感に、北海道に来たなあと感じたものであるw。
f:id:uesugi_rintaro:20150208170242j:plain
ゲソの部分は焼きか刺身のどちらかが選べる。今回は刺身にしてもらった。このゲソくん、さっきまでウニョウニョ動いていた。
f:id:uesugi_rintaro:20150208170252j:plain
ゲソを刺身にしてもらったらこんな風に。量は少ないけれど、日本酒の肴にはまったく問題なし。
f:id:uesugi_rintaro:20150208170259j:plain
ほかには刺身の盛り合せ、たらばカニ、コマイなどを注文した。
f:id:uesugi_rintaro:20150208174014j:plain
f:id:uesugi_rintaro:20150208174024j:plain
f:id:uesugi_rintaro:20150208174039j:plain
しかし、私が家族に最も食べさせたかったのは「ジャガバターに塩辛」の組み合わせである。こっちに来て初めて体験した食べ方だったが、これが酒によく合うのだ。うまいのだw。塩辛の塩味と旨みがジャガイモの甘さに合う合う合うw。
f:id:uesugi_rintaro:20150208173930j:plain
それからこれが旨かった、大地のグラタン。このお店はワインも出す。こういうメニューも合うのだろう。野菜ゴロゴロいっぱいのグラタンは最高にうまかった。おすすめw。
f:id:uesugi_rintaro:20150208173942j:plain
そうそう、肝心の地酒を忘れるところだった。飲んだのは「国稀」と「金滴」とあともう一つ、名前は忘れた。国稀は日本最北の酒蔵の酒、今回はにごり酒で。金滴は初めて飲んだ。すっきり澄み切った味が印象的。

大三坂さんは「開陽亭・すすきの店」の向かいにある。繁華街からちょっと奥に入ったところにあるので周りは静かである。町家風の建物はあまり目立たない。ちょっとした隠れ家の趣きである(下の写真、右側に灯りの灯るお店)。
f:id:uesugi_rintaro:20150211133831j:plain
店内は一見ワインバー風でカウンターのほかに4~5人掛けの四角いテーブル(だったと思う)と3人掛けの丸いテーブル(こっちに座った)がある。奥にはもう少し大人数でもやれそうな小部屋風のスペースが2ヶ所くらいありそうだった。雰囲気は悪くない。デートとか夫婦連れなどで使うと良さそうである。