せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

大谷がダメなら則本だって松井だってダメダメ...と言いたい、日ハム球団幹部はエライ


【日本ハム】大谷の侍派遣は慎重「野手としても難しい」 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

侍ジャパンの強化試合がレギュラーシーズンの開幕戦を2週間後に控えた3月10日、11日に行われるらしい。その侍ジャパンへの招聘が予想される大谷選手のことを想定し、日ハム球団幹部は、レギュラーシーズンの開幕投手候補は調整のために侍ジャパンへは派遣したくない、という見解を示した、という話題。

これは実にもっともなことだと思う。強化試合のような練習試合よりも開幕戦の方が重要なのは当然である。我がイーグルスからは則本の招聘が予想されるが、彼もまた開幕投手の最有力選手である。そのときは、楽天球団幹部も「侍への派遣はダメ」とはっきり表明してほしい。

それにしても3月10日、11日の強化試合とは、侍ジャパンは何を考えているのか。その時期は選手もファンも3月27日から始まるレギュラーシーズンのことで頭がいっぱいのはずである。

はっきり言って、「侍ジャパン」どころではない。もっと言えば、強化試合に呼ばれることなどいい迷惑なのである。少なくとも私にとっては。そして選手らにとっても、たぶん、きっと...w。

しかし、選手らの「侍入りが目標」のような反応が報道されると、ファンとしては複雑である。

プロの選手が侍入りを目標にするのは、侍ジャパンの構成メンバーがプロ野球選手で占められるからである。構成メンバーをアマ選手に限るルールとすれば、プロ野球選手はそこを目標にしたりはしない。プロに入る前のアマ選手の目標となり、それがかなえばプロ入りに箔がつくという位置づけになるに違いない。で、ぜひそうなってほしいと思うのだが。

楽天松井裕、侍候補入り「重みがある」 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

個人的な願望、それは侍ジャパンの活動がキャンプインからシーズンオフまで中断してくれること。侍ジャパンが不要だとまではいわないけれど、せめてキャンプインした後はシーズンオフまでの期間、プロ選手を招聘しないでほしい。シーズンにしっかり照準を合わせた調整をさせてほしいし、シーズン中のゲームに集中させてやってほしい。

レギュラーシーズン以上に侍ジャパンのゲームを重要視しているプロ野球ファンなどいないと思うからw。そういう意味で、私はアンチ侍ジャパンの野球ファンである。