せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

月末は北海道神宮へ、これを続けてみよう

2月1日(日)

大荒れの天気予報だったが、午前中は穏やかな曇り空。昨日行けなかった神社への参拝に行くことにした。先日のブログにも書いたとおり、昨年末に妻が読んでいた本を借りて飛ばし読みし、たまたま目に付いた箇所に毎月末の参拝のことが書かれてあった。本に書かれてあった目的や意義については良く覚えていないが、私がやってみようかと思った理由は、月に一度パワーチャージする機会を持つ、気持ちをリセットする機会を持つ、そんなところである。

行き先はもちろん北海道神宮。地下鉄の出口から円山公園へ出て、公園内へ入ったところまでは初詣のときと一緒だが、今回は公園内の鳥居からではなく、一度一般の歩道へ出てから正面の鳥居へ回りそこから入ることにした。
f:id:uesugi_rintaro:20150201110157j:plain
f:id:uesugi_rintaro:20150201110207j:plain

広い表参道はつるつるに凍っていた。氷った表面に薄っすら雪が積もっていて、この状態がまた一段と滑りやすい。こういう道はヨチヨチ歩きで進むのがコツである。ペンギン歩きともいうらしいが、そっちの方がイメージし易いか。とにかく路面を足裏全体で踏みつけるようにチョコチョコちょこちょこ前進するのである。転倒防止の歩き方だ。
f:id:uesugi_rintaro:20150201110223j:plain
f:id:uesugi_rintaro:20150201110235j:plain

お賽銭は300円、これも先の本に書かれてあったように思う。最低でもこれくらいでないと神様に失礼だというものである、たしかそんなニュアンスの書きぶりだった。

今回の私は、何をお願いするというわけではない。初詣に来てから1ヶ月も経っていないわけだから。いわば、初詣のときの気持ちに戻るために来た、そんな感覚だろうかw。
f:id:uesugi_rintaro:20150201110250j:plain
f:id:uesugi_rintaro:20150201110301j:plain

人出は最初のうちまばらだったが、訪れる参拝客はだんだん増えていく感じ。露店も初詣の頃に比べるとだいぶ少なくはなったけれど早い時間帯から営業していた。お飾りもお守りも今回は関係なし。参拝したあとはそのまま公園側の鳥居へ抜けて帰路に着いた。