せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

黒田だけではない、不退転の決意は小山伸一郎だって...

8年ぶりに広島カープへの復帰を決めた黒田が、「先発で回る以上は2桁勝たないといけない。それができなければ、自分の中で区切りをつけないといけないと思う。それなりの責任と覚悟を持って帰る」とコメントして話題になっている。

メジャーでの20億円のオファーを断って、4億円で広島へ帰ってくる。契約金の5倍差の衝撃は大きかった。今や大変な美談となっているが、当の黒田にとっては想像以上のプレッシャーに違いない。

今シーズン(と言っていいのかな...)、何人かのメジャー帰りが補強選手としていくつかの球団と契約した。どの選手も日本では一流として名を馳せ、メジャー挑戦を決めた名選手ばかりだ。彼らにも「メジャー帰りはその程度か」と言われることに対する抵抗、プライドはあるだろう。

それでも黒田に求められるハードルの高さとはぜんぜん違う気がする。ハードルの高さとは「ファンの期待の高さ」と言っていいw。

で、本題はここから。イーグルスにも不退転の決意表明をした選手がいる。半袖魔人こと小山伸一郎投手である。昨シーズンは右肩痛の故障でわずか10試合の登板、年俸も減額制限を越える60パーセントダウンで更改した。その彼も今シーズンは「球宴明けまでに結果を出せなければ引退する」と宣言したのだ。

結果についての具体的な数字は示していない。が、その必要はないだろう。彼の存在感が感じられるかどうか、それだけ。小山には使い減りしない頑丈な投手というイメージがあったが、昨ーズンは本当に影が薄かった。頑張れ小山伸一郎。2桁勝利などとは言わない。ゲームの流れをしっかり後につないでさえくれれば(^^)v。


楽天・小山 半年勝負宣言「結果が出てなければ、やめます」 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース