せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

簡単で美味しい「塩ホルモン」

たぬき小路で塩ホルモンを食べた。同僚の皆さんお勧めの「炭や」という塩ホルモンの専門店である。

ホルモン焼きは仙台でもよく食べに行った。ホルモン好きの上司の下にいたときは定期的にホルモン会なる宴会を開いたものだ。

札幌で最初にホルモンを食べに連れて行ってもらったとき、お店の看板の「ホルモン」の頭に「塩」の文字が付いていて不思議に思った記憶がある。

北海道でホルモンといえば「塩ホルモン」ということをそのとき知った。さて、塩ホルモンはこれまで食べていたホルモン焼きとどこが違うのか。

一番の違いは、焼いたホルモンをタレをつけずにそのまま食べるという点だろうか。塩ベースの調味液で味付けされたホルモンが出てきてそれを焼くからである。塩ホルモンというのはそういうことなのである。

ネットで調べてみたら、旭川市が発祥のホルモン焼きらしい。値段が手頃なせいか、私の同僚らを見ているとジンギスカンよりも塩ホルモンを食べることの方が多いように思う。

塩ホルモンの食べ方は新鮮だった。何よりも簡単である。七輪の炭火を使って焼くのだが、網の上にホルモンをのせて焼けたらそのまま食べられる。塩加減も絶妙で実に旨い。簡単で旨い、これはもう理想のスタイルといえる。


炭や 狸小路店 - 西8丁目/ホルモン [食べログ]