せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

風邪で病院へ

仕事始めのつもりが、年明けから続いていた微熱が一向に下がらず、逆に痰の絡む感じが酷くなったため病院へ。休養十分で体調万全にしなければならないのに、逆に崩して本番を迎えている。サラリーマン失格である、あぁ情けない。

病院といえば初診の受付時に問診票を書かされることが多くなった。その中に必ずあるのが「現在飲んでいる薬」の項目。薬の名前を思い出せずに書かなかったりすると、病院によっては薬手帳を持ち歩くよう勧られたものだ。今の私はスマホで撮影した薬の画像を持ち歩いている。この画像が一番役立っている。

診察の結果、インフルエンザではなくて一安心、風邪薬と咳止め薬を処方してもらった。途中で食事をし、帰宅してすぐに薬を飲んで横になった。半日寝たおかげで身体はだいぶ軽くなった気がする。

しかし、背中からにじみ出る感じの汗が身体の異常を表している。身体の中ではまだウィルスとの壮絶な闘いが繰り広げられているのに違いない。

自分の身体を応援すべく、夕方には買っておいたコンビニ弁当で栄養補給、薬を栄養ドリンクと一緒に飲んで早めに就寝することにしよう。

話は変わる。今朝の病院までの道のり、歩道がしっかり除雪されていて感激した。前から気づいていたが、札幌では車道のほかに歩道も綺麗に除雪される。同僚らに聞いたところでは、学校付近の歩道、つまり通学路となる歩道は専用の除雪車で除雪されるらしい。

私の家から最寄の地下鉄までの間には小学校と高校がある。そのためか歩道という歩道が綺麗に除雪されている。今朝、そのことに改めて感謝した。

f:id:uesugi_rintaro:20150105171519j:plain