せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

藤田の1億円プレーヤーは本当にうれしい


Yahoo!ニュース - 楽天・藤田 全試合出場し初の大台突破「1億円プレーヤーになれるとは」 (デイリースポーツ)

藤田が1億円プレーヤー、「そうか、彼はまだ1億円プレーヤーではなかったか...」というのが正直な感想である。この契約更改は今回の契約更改の中で最も嬉しいかな。

藤田はイーグルスに来てから開花した印象の強い選手である。DeNA時代の彼の起用については他の人のブログやスポーツニュースから得た情報だけなんだが、「1億円プレーヤーになれるとは...」のコメントは彼の正直な感想に違いない。だからこそ、「イーグルスに来て本当に良かったね」とイーグルスファンは一緒に喜べる。

今の藤田はイーグルスになくてはならない存在である。プレーヤーとしてはもちろん、選手の中のリーダー格としても欠かせない選手だ。

イーグルスが誕生するずっとずっと前の時代、野球少年の私はセリーグのファンであった。巨人の星侍ジャイアンツのときはジャイアンツを、男ドアホウ甲子園のときはタイガースを応援した。東京への修学旅行では付き添いの先生の好みでカープのゲームを観戦した。

そんな中、ジャイアンツの篠塚であるとか、タイガースの真弓であるとか、カープ高橋慶彦なんかが好きな選手だった。

今にして思えばかなり「渋い」選手が好みだったわけだが、それは今もあまり変わらない気がする。藤田には彼らと同じ臭いを感じるw。このままずっとイーグルスの藤田でいてほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ