せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

ほかに誰かいい人いませんか?

9月19日(金)

家を出るときは晴れてても、数キロ先のオフィスの辺りは雨、今朝の通勤時はそんな感じだった。空全体が雲に覆われているというよりは、一部の地域だけ暗い雲に覆われていて、ちょっと行くと青空が見えたり。札幌に来てからときどきこんな天気のときがある。こっちではこれが当たり前の気象なのか、それともン十年に一度の珍しい気象なのか、周りに聞いていないので分からない。今度、チャンスがあったら聞いてみようw。

ほかに誰かいい人いませんか?
  • E1-0F

イーグルスは今日からファイターズ戦。雨で中止になったゲームの調整だろうか、コボスタでのゲームが続く。最近はチームの調子もいいし、仙台のイーグルスファンには嬉しい日程に違いない。
札幌でのイーグルス戦をチェックしてみたら10月の1日と5日のあと2回あるようだったが、残念ながらそこら辺は逆に私が仕事で仙台へ行く予定になっている。今シーズンの生の観戦はもうできないようである。ということは生の星野さんを見ることももうないということだ。選手同様、なんかとても寂しい気持ちになってきたw。
さて、今日のゲーム。スコアを見てわかるとおり、投手戦であった。そして先発・則本の粘り勝ち。3安打13奪三振の完封勝利である。シーズン7度の完封になるが、これは1989年に斎藤雅樹(巨人)が記録して以来25年ぶりのことらしい。あのダルも、あのマー君もやれなかった偉業だそうだ。則本はヒロインで「きょうはさすがに(監督にも)褒めてもらいたいですね」と自画自賛。それくらい文句なし、まさにエースの投球だった。
3位ファイターズとのゲーム差はまだ8ゲーム近くあるので、カードの頭をとったからといってはしゃぐ気持ちにはなれない。ただ、エースと呼べる投手が現われたことは素直に喜びたい。
こうなると、気になるのが星野さんの後任だけである。報道されている候補者としては、デーブと古田の2人の名前があがっているようだが、はっきり言って夢も希望もない人選だと思う。もっとわくわくするような、そうでなければもっと堅実な人選はないのだろうか。

代行をやっていたときのデーブを見る限り、彼がやるならそれはそれで一度シーズンを通して見てみたい気持ちが個人的にはあった。残念なのは、飛び交っている評判がドロドロなところである。単なる噂に過ぎないと無視したいところだが、これだけ多くの人間がコメントしているところをみるとかなり黒に近いグレーのイメージである。だれか、「本当のデーブは素晴らしい指導者である」と証言してくれる選手が現われないものか、そんなことを考えたりするw。
かといって、古田ではファンとして熱く応援する自信がまったくないw。そもそもヤクルトで監督をやっていたころのイメージが私の中で悪すぎる。古田ならデーブの方がマシ。現時点での私の正直な気持ちである。それにしても、ほんとうに他にだれかいい人いないのかな...。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村